今日は7月31日。

もう7月も終わり。明日からは8月です(当然ですが…)

え?この涼しさで8月?

いいの?

大丈夫?


って感じがするくらい、涼しい日が続いているぷりまり地方。



湿度が高いから、汗は出るけど、すぐに収まる程度。
こんなんで大丈夫なのか?いや、農作物とか…いろんなこと。



先日の震災以来、いろんな地域での揺れや、一昨日の豪雨とか、
自然に対する畏怖の念を抱く、今日この頃。。。
こんなに天候不順だと、すごく心配になってくる。


この後、もう、何も起こらりませんように…




さて、今日は、先日震災と津波で大変な被害をこうむった岩手の友人から
毎年恒例の「うに」のお届モノが到着しました。
(友人は幸い、大きな被害はなかったそうですが…)
CA3J0357







瓶詰のウニ。
このあたりの魚屋さんで
板の上に乗っているのと違って、
海水だけしか入って無い、
純粋の生うにデス。


一度食べたら、もう板の上のウニは…

なんて贅沢なことを言ってしまうくらい、
おいひぃのだ!












今年は、あんなことがあって、きっと無理だと思ってました。
岩手沿岸部の海は、海中でも大変なことが起こってただろうし。。。

「今年は、気にしないでね。」って連絡した方がいいのかな?って
ottoと話していた矢先でした。
(なんだかそれも、変に催促してるような気がしないでもない(苦笑)

聞けば、さすがに津波の引きで、かなりの数のウニが沖合に流されてしまったそうです。
やっぱりね。アワビのように、岩場にくっついているものではないものね。





そんな中、しっかり岩手沿岸に生息していた「ウニ」ちゃん達。

まさしく、「ど根性」ウニ、ありがたく頂戴いたします。。。