毎日蒸し暑い日が続いてます。

エアコン入れるほどでもないんだけれど、湿度が高いので、
汗でジトーーーーって感じ




さて、タイトルの雀の話。


ホントたいした話ではないのですが、ワタシ的には
かなり疲れた一日になりました

長いし、つまらないので…



まず朝一番。
私の住んでるマンションの敷地で、地面にいるちっちゃな雀を発見。
じーっと見てると、なんだか動けなさそうな感じ…。

そのまま観察を続けていると、どうも飛べないみたい。
体も小さいから、ひなみたいなんだけど…
怪我してるのかなぁ。。。気になる。

あ〜、ダメダメ。見ない。見ない。
私、鳥苦手だし、死んじゃうかもしれないし…
あんな所にいると猫も通るし、カラスも飛んでるし、
そのまま見ないふりしてたんだけど、外出から帰ってきて
ソット見てみると…

やっぱりいた。。。

どうしよう。どうしよう。

とりあえず管理人さんに相談してみると、「そのままにした方が…」


そうだよね。そのままだよね。

頭ではわかってるんだけど。。。うーん。。。ダメ、ほっとけないよ。

とりあえず、管理人さんに言って、紙箱に入れてもらい
小鳥を扱ってる動物病院に電話し、受診することに。

やっぱり足を骨折してるらしく、ひななので治る可能性はあるけれど
しっかり栄養を与えて、世話をしなくてはいけないみたい。

やっぱり。。。私世話なんて出来るのか?
ん〜〜〜
獣医さんにも無理っぽい感じが伝わったのか、
「こんなところがありますから、そちらに相談されては…?」
と言われ、教えてもらったところが、

行徳野鳥観察舎

とりあえず、獣医さんで初診料、栄養剤の費用を支払い、
そのままこちらに電話すると、さすが専門家。
雀のひなの保護について、細かい説明があり、
ちゅん太郎の場合は、かなり頻繁に固形のご飯を与えなさいとの指導。

自宅に戻って、ちゅん太郎にご飯を与えてみるけど全く上手に
食べてくれない。あーダメだ、こんなんじゃ死んじゃうよ!
もう、行徳まで連れて行くしかないっ!
342

















と言う訳で夕方から連れて行き、めでたく保護してもらいました。


あー、疲れた




今日のひと騒動。すべて私が自分で種蒔いて、自分に降りかかり、
最終的に、人に頼る。

結局私は何をしたんだ?
何もしていないんだよね。
何も出来ないんだったら、何もしない方がましだったのかもね。。。

反省しました。

結局私は、死んじゃうのが怖かっただけなんです。
私のせいで死んでしまうことが恐ろしかったんです。


ただ、こんな状況、どうします?
ほっときます?
ほっといて、死ぬのを待ちます?

それが、大人の正解なんでしょうね。


でもね、無理でしょ?
きっとまた同じことが起こったらやっぱりほっとけないって思うんだろうな。



話は違うけど、行徳野鳥観察舎、すごく親切です。
怪我した野鳥の保護もしっかり見てくれますよ。
(これで、もう大丈夫だね!ってなんだそれ。)
ちゅん太郎の番号も教えてもらいました。その後を知りたくなったら
教えてもらえるそうです。

帰りに道端で狸も見ました。
343