お正月早々、調子の悪いぷりんさん。

昨日もよる小さな声で「キャンッ」って鳴いて、
その後ハウスで、じーっとしてました。

様子を見てたけど、やっぱり心配になって、
今日、獣医さんに行ってきました。

結果は…
どこが悪いとはっきりした診断はされませんでした。

ただ、膝蓋骨脱臼で痛みがあると、しばらくはその足をあげている
ことが多いらしいので、たぶん膝蓋骨脱臼のせいではないとのこと。
先生が触診しても、膝蓋骨は前回の診察(11月)と比べて変化なし。

あと懸念されるのが「脊椎」反射と言われるものでしたが、
それも特に問題なく…
そこで、脊椎変形ではないかと。。。
(まぁ、椎間板ヘルニアに似ているのですが…)
これはレントゲンを撮った結果、ほんの少し骨がとがっている部分が
見られるということで、実際にそのせいかどうかは特定できませんでした。
10歳という年齢からみると標準的な状態だそうですが…

とりあえず、痛み止めの注射と、内服薬で様子を見ることに…
そして今後、グルコサミンとコンドロイチンのサプリを飲ませて
行くこととなりました。
100107_2051~01
白内障の眼薬に、関節のサプリとどんどん老化が進んでる気がする。。。

このままだと今年中に「皇潤」か、「セサミン」飲ませないとだめかも〜