今日は、ぷりまりの歯石取りの日。

一か月ほど前に予約を取って、今日行ってきました。

以前お友達に教えていただいた病院。
麻酔なしで歯石を取ってもらえる病院です

ぷりんもまりんも、もうシニアだし、
できることなら、全身麻酔は避けたいところ。

実際に、病院でお話を聞くと、
麻酔なしで歯を触らせるのは、ワンちゃん次第。
中には、どうしても嫌っ!という子もいるわけで、
できる範囲でやってみる。とのお話。

確かに…納得

ぷりまりは、結構臆病だし、頑固だし。。。無理かも


まず、初めての病院なので、全身チェック。
とっても優しくて、きれいな女医さんに丁寧に診てもらいました。
(実はここで衝撃の事実が明らかに…その内容は後ほど

その後病院に預けて、午後の診察時間にお迎えに…
(約5時間弱)

お迎えに行くと、幸い2ワンともおとなしくさせたらしく、
とってもきれいにしていただきました。
おかげで、歯はピッカピカ

先ほどまでの、水槽臭い沼臭い口臭がなくなり、とってもスッキリ爽やか〜

次回は半年後ということで、ぷりまりの身体にも優しいし、
私のお財布にも優しい〜
(全身麻酔のときは諭吉さんが団体で出てっちゃったし…)


寝る前の歯磨きタイム。
020
ぷりんの歯、ピッカピカ。
でも、ぷりんは歯石が付きやすいらしい。
(特に下あごのほう。普通、上の歯につきやすいらしいんだけど…)




024
こちらがまりん、すごく小さい歯だからすごくつきやすいのかと思いきや…
まりんはぷりんに比べると、歯石の付きにくいタイプだそうな…ほぉ〜。不思議だなぁ。







002
病院に預けている間、私たちはどうする〜?

というわけで、なぜか「羽田空港」へ…

飛行機の離発着を見たり、
お土産屋さんで時間をつぶし、
ちょっと観光気分。


とはいえ、二人の会話は「今頃ぷりまりどうしてるのかなぁ…?」「ちゃんとやらせてるかしら?」ばかりでしたが



そして…
上記の「衝撃の事実」ですが、

ぷりんもまりんも「膝蓋骨脱臼」との診断が…

ガ〜ンすっごいショック!

今のところ、ぷりんはグレード2程度、まりんは右足が2、左が1程度だそうです。
犬種、年齢から考えて、そんなに積極的な治療は必要はなく、
足場の悪いところを歩かない。
部屋の中のフローリングで走らせない。
ピョンピョンさせない。

といったことを注意するように。。。との話でした。


病気そのもののことも、もちろん大ショックなんだけど、
何より、今まで何度も健康診断に行ってるにもかかわらず、(年2回も)
初めて言われたことに、大大大ショック!

確かに、血液検査や尿検査、心音などはチェックしてもらってるけど、
関節の話は一度もなかったし…

私も、「関節診てください」って言ったこと無かったなぁ。。。

えっ?そういうことなの?
健康診断ってそういうところも診てくれるんじゃなかったの?

ちょっとぉ!この前まりんの関節レントゲン撮ったばっかなのに、
前足浮かしてるって言ったら、そこしか診ないってこと?

ふ〜ん。。。そうなんだ。。。そんなもんなんだ。。。

まったく新しい病院で、違う先生に診てもらうって、とっても大切!
ってことに、今日気付きました